ootaka nayuko web site
profilediaryBusiness worksOriginal worksspcialsmail


diary

ARCHIVES

dialy top
2015
2014
2013
2012
2011.12
2011.11
2011.10
2011.08
2011.05
2011.04
2011.03
2011.02
2011.01
2010.12
2010.01
2009.12
2009.01
2008.12
2008.04
2007.09
2007.08
2007.07
2007.06
2007.05
2007.04
2007.03
2007.02
2007.01
2006.12
2006.11
2006.10
2006.09
2006.08
2006.07
2006.06
2006.05
2006.04
2006.03
2006.02

≪HOME≫

2007.07.26 八丁堀→渋谷→新宿→千葉はやっぱり落ち着きます

本日からついに6本もの虫歯治療が始まりました。普通、虫歯治療とかってわざわざ日記に書くようなことではないんでしょうか?しかし、幼い頃から元歯医者の母に散々歯の話をされてきた私にとっては、歯医者に行くのは毎回ちょっとしたイベントなのです。
腐っても元歯学部だっただけあって、母は何かと意外なトリビアを知っています。先日は「人間、鼻の骨だけは一生伸び続ける」と教わりました。どうせなら、げっ歯類のように歯が一生伸び続けてくれればいいのに…そしたら虫歯を気にせず硬いせんべいとか毎日食べれるのになぁ。

左下6番(通称6歳臼歯)をゴリゴリ削る2時間にも及ぶ大施術を終えたあとは、麻酔の残る頬を抱えて渋谷のシネマアンジェリカへ向かい、『アズールとアスマール』を見てきました。『キリクと魔女』のミシェル・オスロさんの最新作です。非常に良かったです。背景の美しさ、ストーリーの軽快さ、キャラクターの配置など、作品を占める全ての要素がオスロ作品の最高点に達した素晴らしい作品だったと思います。でも、限界を知らないオスロさんのことだから、次回はもっともっと素晴らしい作品を作られるのでしょうね。

麻酔が切れかかってきた頃、今度は新宿へ。送別会に参加する予定だったのですが、待ち合わせ場所に行っても誰もいないし、麻酔切れてきて痛いし、主役は遅れるというし、キャッチはうるさいし、、、というわけで世界堂に寄ってさっさと帰ってきてしまいました。キャッチの人は「伊勢丹の者ですが…」と名乗っていましたが、あきらかに嘘です。Tシャツ+ジーンズ+ノーメイクの気合抜けまくりの25才女子にわざわざ声をかけてくるなんて、キャッチ以外の何者でもありません。まったく、これだから気軽に出歩けない大都会には馴染めません。千葉ならこんな25才の普通だよ。たぶん。

2007.07.25 最後の刺客現る…と思ったら

2週間ほど前から歯茎にものがよくはさまるようになっていたんです。うわぁ歳くったなぁ。とか思ってたら、我が最強親知らず軍団、最後の生き残りがついに顔を出してきていたことが、昨日判明しました。こいつだけは歯茎の中で天寿をまっとうするのだろうと思っていたのに。。。でも今日歯医者さんに行ったら、まだ放っておいていいとのこと。それよりも歯医者さんは、これから始まる6本もの虫歯治療に夢中なようです。

また島村さん(白組)にお会いしました。
『映像+1』 という本を受け取りにいくついでに、生徒数名で表参道にある白組を見学しに行ってきたのです。まず、外観がオサレ。そして通された応接室もオサレ。思わず皆で記念撮影してきてしまいましたよ。島村さんは珍しく時間があったようで30分ほど、時代の先に進むこととコンピュータの関連性、常に探し続けることの大切さ、などをお話しくださりました。
ちらりとのぞかせていただいたオフィスで印象的だったのは、大量の資料書籍と、たくさんの若い社員さんたち。ほんのわずかな時間だったので、真実はわかりませんが、一人一人のデスクの上にでっかい名札がついてたりと、仲間意識があって働きやすそうな環境でした。

せっかく表参道まで来たし、そのままぶらつこう!ということになったものの、おのぼり軍団はクレヨンハウスの魅力に取り付かれて、結局ここの絵本や指人形で1時間以上遊びまくり、お昼を食べて、善光寺でのんびりして帰りました。さすがは個人製作のアニメーション作家を目指してるだけあって、全ての場所と道すがらで、全員の動きがことごとくバラバラで、いちいち再集合のたびに誰かが足りないという現象が発生。でも皆ゴーイングマイウェイなので、あまり気にしません。

オサレな町、表参道は、道々全ての建物がオサレならば、歩いている子連れマダムたちもオサレ、地下鉄の天井までオサレというまさにオサレ一色な町でした。次回行くときはヒルズにも挑戦したいと思います。

2007.07.23 アノマロカリスだよっ!

「なっちゃんのムカデすんごい動いてたね〜」
とは、私の課題作品を見た友人の一言でした。 うーん、おしい。

日記を書いてなかった間いろいろあったと思うんですが、ここのところぼーっとしてしまって、実は日々の出来事をほとんど覚えてません。徹夜で課題を仕上げて、翌日は死ぬように眠って、再び徹夜して…の繰り返し。まさに学生生活。早く人間的な生活を送りた〜い!
昨日島村さん(白組)が来て、いつもの言葉を言ってくれました「目標を見失うな」と。 毎回見失いかけた頃に来てくださるのでありがたいのですが、思い返してみれば、島村さんが来るときっていつも追い込みMAXの時なんですよね。見失ってない時にも一度お会いしたいものです。

人生最後の夏休みがもうじき始まります。進研ゼミの漫画に負けないくらい充実した夏を過ごしたいと思います。ひとまず川に行って、このたるみきった体を引き締めよう。

そういえば、父の帯状ヘルペスは治ったみたいです。

2007.07.07 七夕とは、曇るもの

授業の合間が3時間もあいてしまったので、井の頭公園に行ってぼーっとしていました。「写真撮らせてもらっていいですか?」と一人の禿頭のおじさんがやってきたので、どーぞーと勝手に撮らせたあと、そのまま1時間ほどお話しました。こういうのをナンパというのでしょうか?
話し終わった後、「もう一回だけ撮らせてください」と言われ撮られていたら、「おかしいなぁ。本物はこんなにかわいいのに…」と言われました。こういうのをナンパとはいいませんよね?

少々傷心の心で学校に戻り、授業へ。『Jumping』の小林さんの授業は今日もおもしろかったです。小林さんが発する言葉って裏がないんですよね。ひたすら動画描くの好きな無垢な少年のままの大人なっちゃった方です。

一週間が終わった帰り際、「飲みたいなぁ」と呟いたら、友人達が付き合ってくれました。いまは、ついつい日頃の鬱憤ばらしをしちゃうけど、そのうちもっとアニメーションの話しができるようになるといいね、と思います。そうするには、まず私の口の悪さからなおさないといけないんですがね。

2007.07.05 父ありき

国交断絶しなきゃいけないのに居間で新聞を読んでたら父が現れました。右後頭部が神経に沿って見事に腫れあがっておりました。
父は白血球が正常値の半分くらいしかないんですが、私も少し少なめなんです。
父は中学生の時に扁桃腺を切ってるんですが、私も今度高熱を出したら切ろうと思ってます。 父は帯状ヘルペスですが、私は寝不足で単純ヘルペスです。
母曰く、私と父の足の形は相似形で本当にそっくりなんだそうです。

2007.07.04 玄関開けたら


こんなメモが置いてありました

私、水疱瘡やってないんですよ。
帯状ヘルペスがうつると、水疱瘡になっちゃうそうなんですよ。
この年になって水疱瘡にかかると大変らしいんですよ。
そんなわけで、父との国交断絶中です。

2007.07.03 那由子の愛した○○さん

最近一番楽しみにしているテレビ番組は『ネプ理科』です。高尚な意味でも、低俗な意味でも、芸術と科学と哲学の地位は似ていると思います。

8年来のつきあいの方に久しぶりに会って、ゆっくりと話しました。彼がものすごく大人っぽく、素敵な人物に見えたのは、最近年下の男子とばかり触れ合っていたせいだけではないような気がします。自分が好きだった人物が立派な人になったと感じるのは、とても幸せなことですね。遠方に行っても元気に彼らしく生きていってほしい、と素直に思えました。


≪HOME≫