ootaka nayuko web site
profilediaryBusiness worksOriginal worksspcialsmail


diary

ARCHIVES

dialy top
2015
2014
2013
2012
2011.12
2011.11
2011.10
2011.08
2011.05
2011.04
2011.03
2011.02
2011.01
2010.12
2010.01
2009.12
2009.01
2008.12
2008.04
2007.09
2007.08
2007.07
2007.06
2007.05
2007.04
2007.03
2007.02
2007.01
2006.12
2006.11
2006.10
2006.09
2006.08
2006.07
2006.06
2006.05
2006.04
2006.03
2006.02

≪HOME≫

2013.04.13 せんでん

20310413

新年度も2週間過ぎようとする4月13日です。
いい加減、ハッピーニューイヤー!でサイトのトップ画面を押し切るのはやめよう、ということでようやくトップページを変えました。以前のものに戻しただけですが…

4月9日〜21日までグループ展に参加させていただいております。
初台のブックカフェ・ギャラリー「MOTOYA」さんにて>「ぱらぱらマンガ喫茶展 -Flipbook Cafe-」です。
22人の作家が作った54点ものパラパラまんがが見れますよ。初台ならすぐ行けるよというシティボーイ・シティガールはぜひ。遠くの方は何かのついでにでも。

私は旧作1点と、とても小さな新作6点を出しました。 新作は、表からめくると、よくある動画の初歩的練習。裏からめくると、原画は一緒でも間は違う動きをイマジンしてみようぜ、という提案の作品です。

展覧会の準備をお手伝いしているうちに、いろんな人と触れ合う機会をいただきました。 そんな中で、自分の価値観がちょっと変わりそうな予感がしています。
今までは、仕事を受けて、それがメディアにのり、人に見られて、お金をもらって食べていく、ということが自分の中で一番の暮らしというか、制作の姿勢だと思っていました。とにもかくにも生計を成り立たせるのが大前提、という考え方。 でも、展示会を中心にひたすら自分の世界観を投影した作品を発表していく、という生き方もありなのだろうなぁ、と思えるようになってきました。

こんなこと思うようになったのは、たぶんいい作品と出会えたからだと思います。 展示会という場に甘えず、受け手のことも考えながら、自分の世界をちゃんと発信している、そんな作品に出会えたからだと思います。 え?どこでだって?それはもちろん「MOTOYA」で! はい、宣伝ばかりですいません。


≪HOME≫