ootaka nayuko web site
profilediaryBusiness worksOriginal worksspcialsmail


diary

ARCHIVES

dialy top
2015
2014
2013
2012
2011.12
2011.11
2011.10
2011.08
2011.05
2011.04
2011.03
2011.02
2011.01
2010.12
2010.01
2009.12
2009.01
2008.12
2008.04
2007.09
2007.08
2007.07
2007.06
2007.05
2007.04
2007.03
2007.02
2007.01
2006.12
2006.11
2006.10
2006.09
2006.08
2006.07
2006.06
2006.05
2006.04
2006.03
2006.02

≪HOME≫

2014.12.31 早く実家に帰らなきゃ!


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



軽いものに置き換えました(2015.01.08)


どうも、皆様こんにちは。 今年も大晦日になっちゃった!!

更新3回しかしてないのに!! さて、1月中には歩き出すはずだったお馬さんですが、1年かけてなんとかモノクロにて歩かせることができました。 本当はここまでは結構早くできていたのです。ではなぜその後なかなか進まなかったのかといいますと、今年はへんてこりんな仕事に巻き込まれ、かれこれ半年ほど暇ができればそれを進めておりました。 でも結局その仕事は何も生み出さないままに終わりました。貴重な時間だけは奪いさっておきながら…。

いろいろと、個人的恨みは相当つもっているのですが、何よりも悔しいのはその案件を抱えていたがために断ってしまった別の仕事もあるということです。
なんでそんな怪しいものを受けてしまったかというと、担当の人が知り合いの知り合いということで油断してしまったんですね。
が!しかーし!あの人おかしかったもんねぇ。。。そう、最初に会った時の要望の出し方から最後のメールまで、怪しいを通り越してすでにおかしいの領域でした。まあ、これ以上書こうとするといつまでたっても年が明けそうにないので、このへんにしておきましょう。
(すでに何回も、何百字も詳細を書いてはつまらないかぁと消してます…)

さてさて、そんな恨み節から始まった2014年の振り返りですが、全体的に悪かったわけではなく、いいこともそなりにたくさんありまして、やっぱり今年もいろいろあった年でした。 では、ここからはカテゴリー別に。

【生活面】
10月25日に結婚をしました。それに伴い、相手が主夫になってくれたので家事から解放されました。買い物に行かなくてもよくなったので、気がつくと4日くらい平気で家に引きこもっていたりします。そうはいってもさすがに健康状態が心配なので、たまには散歩にでかけるようにしています。
うちの近所にはチャボがいる畑が数カ所ありまして、大概はそのチャボ見物を目的に出かけるのですが、チャボってふっくらとしていて柔らかそうですよね。私の夢はあのやわらかボディーを後ろから抱きすくめることです。でも現実にはそんなことできません。なので畑の柵越しにじーっと彼らを眺めては妄想の中で抱きしめてにんまりと笑うのです。
そんな私を伴侶は微笑ましく見守っていてくれます。ええ、いい人と結婚したんです。

【仕事面】
ひどい目にもあったのですが、嬉しい新しい出会いもあったのと、フリーになってからずっとお世話になっている会社との絆を改めて感じた一年でした。
夏にはその会社のお仕事で、キャラクターデザインを担当した人形劇の撮影に参加させていただいたのですが、その日は他のコンテンツの撮影もしていて、とても多くの人と関わることになった一日でした。子役ちゃんからスタジオのスタッフさん、クライアントさん、アドバイザー、そして制作会社の方々、と本当にたくさんの人が関わって一生懸命作ってるものの一部を自分も担っているんだなぁ、と実感しました。
そして、よりいっそう自分のできることをがんばらねば!という気持ちが湧いてきました。
スケジュールについても、以前のように〆切に追われてフゥフゥ言いながら終わらせるのではなく、1カットずつ責任もって終わらせることができるように(以前よりはだいぶ)なったと思います。

【制作面】
結婚式のためにものすごい勢いでいろんなものを作りました。 これはまた別で詳細書けたらいいなぁと思います。 もうすぐ伴侶の実家に帰らなくてはいけないので、本日は割愛。

2014年は少し新しい道が見えてきた気がします。そして2015年は、新しいことへの具体的活動目標ができたので、それらを実行していく年にしようと思います。 ではでは、また来年!!


2014.06.27 特撮レッグ

20310413


ちゃんとした絵にして発表しよう、なんて思ってるうちに、アイデアスケッチばかりが溜まる日々…も、そろそろ終わりにしようということで、下書きのままばんばん出していこうかと思います。そして、一年後くらいにちゃんとした絵にして個展をしたい・・・(最近の野望)

今年度はフリーの仕事の合間、週に2回学校に行って中1〜3と一緒に授業をしています。いまだから言えますが、昨年度はものすごーく手のかかる学年にあたり、毎週ノイローゼ状態でした。帰宅しては「もう辞めたい」と呪詛のごとくつぶやく日々。。
ところがどっこい、今年も同じ子達を見ているはずなのですが、すっかりいい子になって、授業がスイスイと進むのです。

おそらくですが、去年ちゃんとガミガミ叱ったおかげかな、と思っています。
個人差もありますが、子どもって中2くらいまでは、まだ他人と自分を分けて考えることができていないのですよね。何で怒られるのかわからな〜いという子が多かったのですが、そこでのらりくらりと生徒の視点に合わせるのはあまりよろしくないようです。
そうではなく、今、君に自覚はないかもしれないけど、君がしていることはいけないことだよ、としっかり知らせることが大切なようです。
去年はひたすら怒鳴り続けてそのお知らせをしていたのですが、そのおかげか、今年はすっかり分別のある態度に変わってくれました。一年分の苦労が報われた今年があって、本当によかったと思ってます。
え?反抗期が終わっただけじゃないかって?だまらっしゃいな。

さてさて、今日は中3の授業があった日でした。
授業を終えて、ご機嫌で帰宅した私の目にふと奇妙なものが入ってきました。見た瞬間、思いました。

・・・なにかおかしい。

一瞬これはマンガか?アニメか?特殊メイクか?と本気で思いました。どう考えても比率がおかしいのです。短いのです。そのわりに大きいのです。それは、私の足でした。つい先ほどまで中学生のスラリと長い脚を見てきた脳みそに、処理しきれないような変な比率の足が目の前にあるのです。(身長153cm足24.5cm)

しばらく、自分の足を見てただ呆然としておりました。そんな梅雨の一日でした。


2014.06.25 馬の絵の動画作業も進めてますが

20310413


どうも、活力的な活動を宣言したおサボり魔です。
1月中には動かしますと言ってた件はどうなったんだ!なんて言わずにどうかいましばらくお待ちを…。少しずつは進めております。馬なのに、牛歩。

年明けから5月中旬まで、かなり心が切迫する日々を過ごしていました。ようするに、忙しい。お仕事たくさん、ありがとうございます。でも、ちょっとさすがに疲れちゃった…。ということでしばし養生の末、ようやく動き出した次第です。

昨日はおだやかな曇り空のもと、初台のブックカフェ&ギャラリーMOTOYAさんに行ってきました。去年の春にぱらぱらマンガ喫茶展というグループ展にてお世話になったギャラリーです。

「手作り本フェア」というのを開催中で、写真家さんや、絵本作家、アニメーター、デザイナーなどなどいろんな作家が作った、いろんな“本”の形をした作品が展示されていました。
いろんな楽しみ方があると思うけど、私にとっては自分の“好き”を再認識する展示でした。もやもやとすっきりを同時に持ち帰り、こね回していたら、あら、私ったらほんとに全然絵を描いてないじゃない、ということに気がつきました。

絵、描こうと思います。
描こうとしたら、怖かった。描いてみたら、楽しかった。
できたもの見て、少々落ち込み、まあまあこれからとなぐさめて。あとはこの手を動かし続けるだけですな、と。

今になって学生時代のような気分でもやもやと動いています。ただもう32歳の私は知っているのです。もやもやは霧の中でも前進を始めた証拠だと。やめちゃったって、大丈夫だし、続けてればいいこともあるものだってね。


2014.01.07 新年早々去年のふりかえり(長いです)

20310413

あけましておめでとうございます。
もう七草がゆを食べる日になってしまいましたね。さすがにいつまでも放っておけないということで、ひとまず静止画で年始のご挨拶をいたします。今年はね、今年こそは動きますよっ!ここ数年、切り絵をフラッシュで動かすという方法で何とか更新してましたが、今年はちゃんと動画を描いています。1月中にはお馬さん、歩き出す予定です。遅れたらごめんなさい。

さて、2013年の振り返りです。


[生活面]
昨年は1月4日に引越しをしていまの家に来ました。
結局この家の生活に慣れるのに10月くらいまでかかりました。
具体的にはそうじのタイミングです。それまで週1で大掃除をしていたのを、毎朝10分、1階の床だけ掃除機をかけるというのに変えました。そしたらホコリが溜まることも少なくなり、毎週後半になると汚いな〜と思いながら生活するストレスからも解放されました。
ほとんど家で過ごす身として、家の中のことはイタリア人のように気をかけよう、と思うようになったことが大きな変化でした。


[仕事面]
新年度から学校を週3→2にしてもらいました。主に美術より、道徳指導をしていた気がします。
フリーランスの方は、ありがたいことに切れ間なくお声がけいただき、お世話になったみなさまには2013年も本当に感謝につきます。

特に心の転機となった仕事が11月にありました。久しぶりにストーリーものを作らせていただいたのですが、もう素直に“いいものを作りたい”という気持ちで最後まで取り組ませていただきました。「一生懸命を発揮できる環境」をいただけたのです。 そして、自分が今まで作ってきたものがなんて拙いものだったのだろう、と反省しました。
今までわりと内容とか規模とか、世間でどんな位置づけをされてるものなのかという基準で仕事を見てきてしまってたような気がします。 そのせいでしょう、何となく自分は一人前だと思い込んでいた節があります。 でも、本当にまだまだでした。
知らないことが多すぎるし、〆切や予算を言い訳に諦めたことも多かったと思います。とかいうと、過去にいただいた仕事に失礼ですが。いや、あの…その時はその時の自分として必死に取り組ませていただきましたので……モゴモゴ。

2014年は、仕事をさせてもらえる度に自分も成長させてもらってるんだ、常に何かを学ぶチャンスは訪れているんだ、という気持ちで仕事に励みたいと思います。そして、一生懸命をちゃんと発揮できる環境を作っていきたいと思います。


[制作面]
今年もぱらぱらマンガ喫茶展に参加させていただきました。
新作は6連の小作品をひとつと、「映画」をテーマにひとつ作りました。

小作品の方は初の販売用ぱらぱらマンガとして作りました。今まで、自分の作品を売るという概念を持たずに作ってきたので、こんなにも制作への姿勢が変わるものなのかーと驚きがありました。ヒネリとクスリ両方バランスよく入れられたかな、と自分では思ってます。
「映画」の方は、最終的にキャプションのコピーでコンセプトを紹介することになり、少し不完全燃焼です。ヒネリはあったけど、クスリが足りなかったな〜と。 このサイトでcoming soonの予定です。

あとは高円寺みじんこ洞さんのミニコミ誌「minority9」に『妄想ドリームハウス』というのを寄稿させていただきました。 長年形にしたいと思っていたものを、ついにできるチャンスをいただけてとても感謝しています。

こうやって細々と書き出すと充実していたかのような制作面ですが、ようはこれしかやっておりません。
2013年の春くらいから、何だかいまの自分がやってることに満足してていいのか?という疑問があったのですが、丸一年かけて満足してる場合じゃないという結論が出ました。 最近の私は生産者ではあっても表現者ではなかった!という金槌がじわりじわりと落ちて来て、ついに年末にスコーンと私の頭上に到達しました。
そうだな、せめてこのサイトの運営くらいもう少しちゃんとしていきたいな、と思い、2014年は馬を動かそう!と思った次第です。

2013年はちょっと溜まってきていた、それまでの疲弊を見直した一年でした。
2014年はもう迷わずにすみそうです。「とにもかくにも活力的に動いていく」が今年の目標です。さてさて、何回更新できるかな?



≪HOME≫